コラーゲンおすすめランキング

コラーゲン おすすめ > コラーゲン知識 > コラーゲンは食品から摂取しても効果がないの?

コラーゲンは効果あり?効果なし?

美肌メイクのためには必要不可欠な成分でもあるコラーゲン。コラーゲンは一般的に分子が大きいため、体内に摂取しても分解されることなくそのまま排出されてしまうことも少なくありません。

最近ではコラーゲンドリンクなどで「低分子コラーゲン」や「マリンコラーゲン」など、分子の大きさが小さいコラーゲンなども登場していて、体内への吸収性の高さをうたったものもたくさんあります。

吸収性とは言いながら、テレビやインターネットでよく議論されているのが「コラーゲンは食品から摂取しても効果がないのでは?分解されてしまうから意味がないのでは?」ということ。

本当のところ、コラーゲンを摂取することで体にどのような働きをしているのでしょうか。意味はあるの?ないの?


体内でコラーゲンを作りやすい身体に変えてくれること

答は、食品から摂取することは決して無意味ではありません。

コラーゲンを含んでいる食品を食べると、体内の消化酵素の働きによってアミノ酸に分解されます。コラーゲンよりもアミノ酸のほうが分子が細かいので、これで体内に少しでも吸収されやすい状態へと分解するわけです。

そして、アミノ酸が胃に入ると、そこで強烈な胃液の働きによってペプチドという成分にさらに細かく分解されます。とても細かく分解されたペプチドは、小腸から血液へと吸収され、血液を通して全身の細胞へと運ばれ、それぞれの細胞でコラーゲンを生成することになります。

私たちの体はコラーゲンを含む食品を食べると、自然に体内でコラーゲン生成を促進するように働きます。

もちろん、コラーゲンドリンクやサプリメントのようにまとまった量を一度に摂取できるわけではありませんが、普段からコラーゲンを食品から摂取していれば、体内でコラーゲンを作りやすい体質へと改善されていく効果が期待できます。


コラーゲン人気ランキング (トップページ)